hanana徒然

<   2004年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ブログの怖いところ

俺とBLOGの関係
yaritai-houdaiさんのブログから

私は未婚だし、不倫をしたこともないのだけど。。。
こちらの記事を読んで、ブログを歩き回って感じてることがはっきりしたような気がしたので書いてみます。

自分がブログを始めるまでは、人のブログをみることがほとんどなかった。
私がブログを始めたのは、いろんなことを忘れたくなかったから。
書き始めると、人のブログもいろいろと覗くようになって、不倫のブログの多さに本当にびっくりした。

不倫なんてあんまりおおっぴらに人に言えることではないし、でも辛いと思うことが多いから、自然とブログという告白の場に占める割合が多くなるのかな。

でも、いろんなブログを見ててちょっと怖くなった。

不倫っていいことではないよね?

結婚してしまってから他の人をものすごく好きになる。
これは好きになってしまったんだからしょうがない。
しょうがなくはないんだけど、気持ちだからどうしようもない。

例えば、私が前の彼氏と結婚をしたとする。
失礼な話だけど、その人のこと、好きではなかった。
熱心に口説いてくれたし、そのとき好きな人がいなかったので、「とりあえず」の気持ちで付き合ったけど、好きになれず3ヶ月ほどで別れた。
もし、そのときに子供ができてしまったりして結婚し、その後、今の彼と出会ったら。。。

今みたいにすごく好きになるのかな?

そこは疑問。

そもそも今の彼に彼女がいたとき、その間全く普通の友達だったし。
「男女の恋仲」になるようなシチュエーション自体を持たずに、彼を通り過ぎたかもしれない。

でも、もし好きになってしまったら。。。

この状況、かなり考えたくない。

その状況だったら不倫をするかどうかは、正直わからない。
自分の倫理観だけではどうにもならなくなるかもしれない。

でも、ここのブログを見ていて怖くなるって言ったのは、もし自分がそういう状況に陥ったら、ではない。

不倫が倫理に逆らうものであること、パートナーを筆頭に周りを不幸にすることはみんなわかってるだろう。
でも、それに抗うことができない。
不倫であるが故に数々の悩みを誰にも相談できずにブログに吐き出す。王様の耳はロバの耳。

でも、ここでは仲間がいっぱい。
苦しい思いをブログで吐き出すと、私も私もとか励ましとか数多くのコメントがあり、それぞれお互いなぐさめあう。

ここは同じ不倫をしている人が一般社会に占める割合よりもぐんと多い。
ここで勘違いをしてしまわないのだろうか。

「不倫って普通?」
「こんなに共感をもらうほどなんだから、こんなに苦しんでる私は間違っていないのかも」

これは言いすぎだけど。

辛くてとにかくどこかに吐き出したくて、何かを変えたくて書き始めたのに、ここでもらう励ましの言葉で、自分の行為が認められている気分になりそう。

不倫っていいことではないよね?

たまに不倫をしている人の記事と、それに対するコメントを読んで、納得できないというか心がもやもやすることがある。

もちろん、そういう人たちばかりではない。
拝見させていただいている中には、不倫だけどどうしても好きで、切なくて切なくて、それでも相手やパートナー、周囲のことを考えて別れようとしているブログもある。
涙がでるほどせつない。



不倫相手と過ごした「すてきな」時間
パートナーへの不満
パートナーへの懺悔
自分の持つ罪悪感

これらすべてをブログで綴り、救いになるのは悪いことではないと思う。

でも、「ここ」が全てとは思わないでほしいな。

自分にも当てはまる。
大抵コメントをする、されるのは共感を覚えたときであって、逆の感情を抱いたときにコメントすることは少ないと思う。
そんな肯定をしてくれるコメントはすごく嬉しいけど、溺れ奢らないようにしなきゃいけないな。

結婚したこともないくせに、えらそうでまとまりのない文章だけど、
漠然とした思いを徒然と書いてみた。
[PR]
by hananap | 2004-08-26 17:57 | 恋愛

こめっどさん

黒コメド
なぜお前のようなものがいるんだ

お風呂上りのお肌のお手入れタイム
ご機嫌で覗き込んだ鏡の向こう
毛穴の中からこっちを見てるオマエ

私はオマエの挑発に抗うことができない

「毛穴開いちゃうよ」

わかってる
わかっているんだ!!
でも鏡の奥で私をあざ笑うアイツをどうしても許せないんだ!

両手の人差し指の爪をニクイあいつにロックオン

じりり じりりと締め上げる

迫り来る包囲網に
ついにアイツも根を上げる

ずにょっと醜い身体をさらけだし
爪の上に横たわる

ティッシュにヤツの身体を横たえ
しげしげと観察する

白いティッシュの上に打ち上げられた黒いオマエを見たとき
私に至福の時が訪れる

嗚呼、黒コメド

そろそろ出てくるの諦めてくれんかね。。。
[PR]
by hananap | 2004-08-25 10:02 | その他

お泊り旅行 夜の部

晩御飯は山梨名物の「ほうとう」を食べようと、私が知っているおいしいお店に向かった。
が、ついたときちょうど閉店T-T
しょうがないから近くでほうとうの看板をあげているお店に入ったんだけど。。。
おいしくなかった。。。(-_-;
うわ~ん、おいしいの食べてもらいたかった。

そしてホテルへ。
しかし、高いぞ、ホテル。
今はボッタクリシーズンですからな。
夏季特別料金とか言って通常料金の3倍。通常土日料金と比べても1.5倍ぐらい高かった><
でも今回は旅館に泊まれなかった分、ラブホでもキレイでゆっくり落ち着けるところがよかったので、そこにチェックイン。

部屋はよかった^-^

お風呂をためてる間に彼に服をむかれた。

「さっきまであんなにへとへとで、もうなんもする気おこらずばたんきゅーやと思ったのに、不思議やなぁ」

ホントその通り。
もうへとへとでついさっきまで全然欲情してかったのに、彼に押し倒されると忘れちゃうんだよなぁ。

彼に触ってもらうと自分でもびっくりするぐらいすごく気持ちいい。
体がびくびくしちゃって、彼はまたそれが好きみたい。
そのままいかされ、お風呂でもまたいかされちゃった。。。
私も彼のを口で。
かれのもすごく好き。
大きくなるとちょっと右曲がりで、さきっぽがつるつる。
かわゆい*^-^*

それからはそれぞれ体中キレイにして部屋へ。
私があがると、彼は今日撮ったデジカメデータの吸い上げをしてた。

一通り終わってから念願の彼とのツーショット写真を撮る。
ちょうどいいことに出窓だったのでそこにカメラを置いていっぱい写真を撮った。

最初は普通に仲良く座って。
彼が私のほっぺにキスしてくれて。
二人でキスをして。

そこまではよかった。
そこからが修羅場。
タイマーをかけて彼が戻ってくるとバスローブをはがされかける。
さすがにおっぱいとかはだめ~~!!><
必死の抵抗。

それから後は撮影会(笑
ヤバイ写真はだめだけど、楽しい写真をいっぱい撮った。
バスローブをソープ嬢の浴衣みたいに短く着てグラビア風に撮った写真が彼のお気に入り。

途中から彼に責められ始めてやばい写真を取り出した。
ちゃんと消去したけどね、全部。

ただ、1枚だけ許した。
仰向けに寝て浴衣の隙間から写った私のおっぱい。
顔から下だけ。顔は写ってない。

私の胸は自慢じゃないが小さいT-T
触り甲斐がなくて申し訳ないなぁといつも思ってる。
でも彼は
「触ったらちゃんと気持ちよくなるやろ?オレは満足してるよ」
と言ってくれる。
そんな特徴的な私の胸。
これだけ残すことを許した。

でもその他はぜーーんぶ削除した!!><

それからいっぱい愛したし、愛してもらった。
裸のまま抱き合って眠った。


朝、目覚ましが鳴る。

寝起きの悪い私を彼が触る。

「起こしてあげよう」

朦朧として火照った身体に彼の動きがすごく気持ちいい。
そしてまたsexをして、シャワーを浴び、身支度。

ホテルを出てマックのドラスルで朝ご飯を調達し、向かった先は富士山五合目。
う~ん。込んでた。
駐車場に入れるまで1時間は待ったかな。
途中で私はうたた寝しちゃったけど^-^;

五合目は一面雲で、全然下の景色がみえなかったけど、なんだか新鮮で楽しかった。
時間がいっぱいあったらあちこちもっと歩いてみたんだけどな。

五合目の次は氷穴。
途中で道の駅によってお土産の買い込み。
彼は休憩所でちょっとだけ休憩。
氷穴もおもしろかった!
氷穴の中は0度。
半そでしか持ってきてない彼は寒そうだった。

16時ごろ、そろそろ帰り道に。
帰りはさくっと帰ろうと、高速に乗ったら、なんと事故で大渋滞。
大月から八王子まで4時間以上とか書いてあります。。
うちにつくの21時過ぎちゃうじゃん!><
渋滞直前で高速をおりる。
20号も大渋滞だから、かなり遠回りになるけど道志みちを通って帰ることに。
それでも途中にちょっと渋滞があって、結局うちに着いたのが20時近かったな。

とりあえず家に荷物を置いて、ご飯へ。
ファミレスで今日の写真を取り込んで、旅行の写真を全部CDに焼いてもらいました。
ホテルでの写真は旅行とは別のフォルダーで(笑

レンタカーを帰して駅へ向かう道中、ちょっと人が途切れたときにキスしてくれた。
電車のホームが違うので時間がくるまでおしゃべり。

最近、タイ行きでばたばたしていて、ただでさえ忙しい彼はその影響をもろにかぶってしまい、ゆっくりするヒマがない。

「もうあと2週間もないから。
2週間後にはやっと開放された~ってきっと喜んでるよ」

と言ったら笑ったけど、すぐにやさしい顔になって

「そんなことないで」

顔をなでてくれた。

あんなに一緒にいたのにまた胸きゅん。

別々のホームに下りて電車越しにばいばいした。

最高の思い出ができた。
[PR]
by hananap | 2004-08-24 13:43 | 恋愛

苦悶

タイに行く前の彼へのプレゼント。
未だに決まらないよ><

もうあとちょっとしか日がないのにどうしよーーー!!!

彼は金属アレルギー持ちだから、時計を贈りたいけどダメなんだな。。
できればいつも彼のそばにいれるものがいいんだけど。

月の土地なんてどうかなーと思ったけど、キザすぎ?(笑;
月の表面はいつも同じ側を地球に向けていて、その地球に向いてる面を販売してるんだって。
ちょっと前にニュースでやってたなぁ。

焦るばっかりでいいものが思いつかない><

ああぁぁぁ、どうしよ~~~T-T
[PR]
by hananap | 2004-08-24 11:47 | 恋愛

お泊り旅行 ひるの部

土曜、日曜と彼と始めてのお泊り旅行に行ってきた。
このお泊り旅行、前日まで行けるかどうかわからなかった。
お泊りだったから。
無理やり押し切って行くことも考えたけど、どうしても親に納得してもらいたかった。
母親を説得したけど、どうしても納得してくれず、前日になって一旦は諦めたけど、無理やり強行しなかったこととか、彼の考え方とかをみて、直前になって親が許してくれた。
完全な納得ではなかったけど、親の了承を得て行くことができたので本当によかった。

朝4:30に彼のモーニングコールで起きる。
彼は3:30に起きたみたい。
お互い家が遠いってやっぱり大変。
彼がレンタカーを借りてうちまでお迎えに来てくれて、さらに母に挨拶とお礼を言ってくれていざ出発。

目的地は山梨富士急ハイランド。
朝も早いので下道で向かう。

途中ちょこちょこと渋滞はあったけど、大体想定してた時間通りに富士急到着。

や、やっぱり間近でみるとFUJIYAMAの高さはものすごい。
この日は調整中とかでドドンPAが動いていなかった。
乗ったことないのですごく残念><

しょっぱなにフジヤマ。
やっぱすごいね。あのジェットコースターは。
絶叫マシーン大好きな私でも緊張するぐらい。
それほど得意じゃない彼はヘロヘロ(笑

その次レッドタワー。いわゆるフリーフォール。
並んでいる間、彼はマシンが上にあがってから落下するまでの時間を何度も確認してた。
「よし16秒や」
安心したいのね(笑

超戦慄迷宮の整理券のために並んでいるとき、徘徊ヒーロー ハイランダーが現れた。
確かにヒーローなカッコをしてるんだけど・・・
徘徊してる・・・
あの歩き方のやる気のなさ。だるそーーーー!!
喫煙場所でカップルが座るベンチの端っこに座り、カップルにタバコをねだる。
灰皿のシケモクを手にとり吸うマネ←マスクがあるので実際には吸えない。
となりのベンチが空くと、そのベンチにごろーんと横になり、カメラが近づくと片足を上げてサービス。
しばらくした後、またふらふらとだるそーーにどこかへ去っていきました。
うちらにはかなり大ヒットで写真いっぱい撮っちゃった。


整理券を受け取ってお昼。
そして次は最近CMをよくやっていた「トンデミーナ」。
これで寝不足な彼は完全にやられたみたい。
芝生に移動してひと休み。
膝枕をしてあげたらホントに寝てた。
おつかれさま。

そして次が私が最も恐れていた超戦慄迷宮。
お化け屋敷はかわいこぶってるわけじゃなく、マジでダメ><
入る前からかなり気分が悪くなってきたけど、彼がすごく行きたがってたので何とか入った。

これ、マジやばいっすよ。
私が救いだったのは、人がいっぱいで前がつまったこと。
何度か止まって前の組みが先に行くのを待ったんだけど、それでもすぐ追いつく。
だから前の人の悲鳴とか音で大体次の予想がついた。
それでもめっちゃ怖かった。
きっと前に人がいなかったら怖くて怖くて絶対に先に進めなかった。
ここのお化けの人たちものすごくしつこい!
逃げても逃げても追いかけてくるので本当に腰が抜けそうでしたT-T
私はお化けが出てくると、へたり込むよりとにかく逃げる。
彼をぐいぐい引っ張って逃げてたけど、一回だけ彼の手を離して先に逃げた(笑
だって彼全然怖がってなくて走ってくれないんだもん><

それでもなんとかゴールまで行けた。

ひと休みして残す時間もあと1,2時間。
とりあえずキワモノ系でなんじゃろかと興味津々の「武田信玄の埋蔵金」へ。
カードリーダ使った宝捜しゲーム。
しょぼかった(笑
でも彼はなぜか燃えてた。
やっぱオトコノコは宝捜し好きなんだなぁ。
結局時間が1分間に合わず、敗退。

最後にもう1回フジヤマに乗った。
ん~、やっぱりすごい。

フジヤマを降りた頃にはもうあたりは暗かった。
イルミネーションがすごくきれい。

今回の旅行では二人での写真をいっぱい撮りたかった。
ディズニーとかUSJだと写真を撮ってくれる専用のスタッフとかがごろごろいるんだけど、そういう人がいないと、二人だけの旅行はどうしても一人の写真が多くなって寂しい(;_;
でもイルミネーションがすごくキレイで後ろに観覧車も入るいい場所に、ちょうどいい高さの塀があった!
そこにカメラをセットして二人で記念撮影できました^-^
しかも人に撮ってもらうわけじゃないから、遠慮なく抱き合って撮った*^-^*

そして富士急にサヨナラ。
楽しかったよ~。
[PR]
by hananap | 2004-08-24 10:11 | 恋愛

箇条書きにしてみた

○タイに行っていいこと○

 ・海外を満喫
 ・英語がちょっとできるようになるかも
 ・タイ語がちょっとできるようになるかも
 ・「海外での実務経験あり」のハクがつく
 ・貯金がたまる(現地手当てで十分生活できるから)
 ・アパートがガードマン・プール・ジム付き
 ・物価が安い
 ・エステがおそらく安い
 ・とりあえず1回はアたるので、痩せられる!
 ・食べ物・果物がいっぱい


●タイに行って困ること●

 ・とにかく行くまでの日数が少なくて忙しい!
 ・「こんな実務経験ないやつよこしやがって!」とぼろくそにこき下ろされる恐怖に怯える
 ・日焼けする
 ・石鹸が作れない
 ・彼がいない


ん、いいこといっぱい。
今を乗り切ろう。
[PR]
by hananap | 2004-08-20 15:55 | Thai

出発日決定

たった今、会社から連絡。

出発日が決まった。

9/4(土)のJAL便。

は、はえぇ。。。

残りの土日はすべて予定入ってるから、ビザだのなんだのすべて平日にこなさねば。。

体がたりねい。。
[PR]
by hananap | 2004-08-19 17:44 | Thai

かこばな7 上野公園

お花見の日。
お弁当を持って出かけた。

でもこのお弁当、実は全部母の手作り(笑

いや、私は作るつもりいっぱいだったのよ。
メニューも決めて、材料も買い込み、夜、いざ作ろうと材料を切ってあとは調理するだけ!
このときに出てきました、我が家の女王、母。

「作ってあげるわよ」

あ、いえ、あの、結構なんですけど。
一応男の子に作ってあげる手作り弁当だし。
もう、あと調理するだけだし。

しかし、女王の勢いはすごく、手伝ってくれるというのを無下に断ることもできず、あれよあれよという間に炒め・味付けが完了してしまった。

私がしたのは、買出し・切り方・つめ方。。。トホホ

「母の」手作りベントを携えて、いざお花見へ。

行ったのは上野公園。

場所を見つけてシートを広げ、おベント食べてもらいました。
彼は喜んで写真まで撮ってたけど、作ったのは私じゃありませんことよ。あしからず。

食べ終わった後に彼にはちゃんと言っておきました。
「なんや、にせもんの手作りだったんか!」
とずっこけてたけど、いいじゃん、おいしかったんだから(笑

食べている最中、過去のお花見の話になって彼の彼女が話に出てきた。

「彼女、じゃないな。。。元彼女や」

「ほえ?」

「連絡とって別れた」

「・・・そうなんだ」

それ以上聞かなかった。
どうやって別れたの?とか、友達だったらどんどん突っ込めたけど、今の状態で私が何かを聞いて、喜んでると思われたくなかったからかな。

人と別れるという行為はしんどい。
半年以上、音信不通の自然消滅状態で、電話にもでなかったその彼女とどうやって別れたのかはわからないけど、彼のことだから本当にどうにか連絡をとって別れたんだろう。
遠距離が3年って言ってたから、3年以上もの長い間付き合っていた人との決別。
結婚してもいいとまで言ったひと。
つらいよなぁ。。。
私のためにけりをつけたんだと思うと、それ以上聞けなかった。

それからまたいつも通りに雑談をしながらお花見。
彼は自分の足の間に私を挟んたり、膝枕をしようとした。
私はそれにもう逆らわなかった。

途中、となりにシートを広げてたおじさん3人連れが撤収すべく、新聞紙(←シートじゃなかった。さすがおじさま)をたたみ始めた。
おじさまたち、お酒が入ってかなりご機嫌。飲んでるときもこちらに話し掛けてきたりしてた。
立ち去り際、
「親が泣くようなことしちゃいかんぞ~」

膝枕程度しかしてないんですけど(笑
そもそもこの時点で手すらも繋いだことがなかったんだから。

しばらくのんびりした後、そろそろ小寒くなってきたので撤収することに。
上野公園のあたりをぶらぶらと散歩しながら、路上パフォーマンスを見物したり、桜アイスを食べたり。

カメラ小僧の彼は、いろいろと写真を撮っていた。

桜アイスを食べているところを撮った私の写真。
今は彼のおうちに飾ってあります*^-^*

-----

なんかつらつらと書いてたら、かこばなも7まできちゃったか。
結構覚えてるもんだなぁ。びっくら。
次ぐらいで終わるかなー。
[PR]
by hananap | 2004-08-19 17:15 | 恋愛

感謝

昨日は仕事を1時間早くあがって新宿へ。

その前まであんなに身体がだるくてしょうがなかったのに、彼と会ったときにはなぜかすっきり。
だるかったことさえ忘れてた。
不思議だわねぇ。

めがねのフレームを一緒に選んでもらう。

彼は意外と買い物に付き合うのが上手。
あれは?これは?と選んでは「いまいちやな」等コメントをくれる(笑
きっと女性特有の目的のない買い物はダメだけど、買うと決めたものの買い物だといいんだろう。

無事フレームが決まり、レンズを作る前に裸眼ならしのため、コンタクトを外して食事に出た。

そこで私のお盆旅行のお土産と手作りのジャムを渡した。
彼も大阪土産を取り出した。

前にもらったもの
食い倒れ人形キーホルダー ←家の鍵にぶらさがり中
ずぼらやのふぐキーホルダー ←携帯にぶら下がり中

ええ、期待してませんでした。これっぽっちも。
むしろ、どうやって嬉しそうな演技をするか。ここが難しいところだ。

彼が取り出したのは細長い紙袋。
お箸か?

扇子でした。
布の部分が狭くて木の柄の部分が長い女性用の扇子。
かわいらしい桜の絵柄。

「タイは1年中暑いから使えるやろ」

うれしかった。

タイに行く前に彼に何か贈りたいと考えていた。
と同時に私も彼から何かほしいなぁと思っていて、今度お互い何か交換しようと提案しようと思っていたところだった。
アクセサリーじゃないあたりが彼らしいとも思う。
なにより彼が私のために考えて選んでくれたのがうれしかった。

そのあとレンズを作って、向かったのはホテル。
大抵「ゆっくりできるところに行きたい」とかそんな感じの言い回しの彼が、珍しくSEXとして誘った。
そういうのは結構好き。
オンナはストレートに言えない生き物だから、オトコは単刀直入でいいのよ。

昼間まで出ていた赤い澱も普通に戻っていた。
よかった~。
でもなんだったんだろう。。

エッチの合間に彼の中で眠る目的も達成。
1回戦終わった後にオリンピック見てる間に寝ちゃった。
彼にうずまって寝た。
息苦しかった(笑 ←なんだかんだいってみんなそうでしょ?(笑
でもやっぱ幸せね。

結局延長して4時間もいた。

なんだかあんなにだるかったのに元気になれました。
彼に感謝。

今週末は彼と初めてのお泊り旅行。
いっぱい写真撮って思い出つくるぞー!
[PR]
by hananap | 2004-08-19 10:58 | 恋愛

不調

今日は彼が実家から帰ってくる。
私も仕事を少し早めにあがって彼と会う。

めがね選びに付き合ってもらう予定。

でも、なぜか今日は身体がすごくだるい。
彼に会えるのに思ったよりうきうきしてない。

なんでかな。

身体の調子がどうもおかしい。
生理じゃないのに、赤黒い澱が出る。
なんでだろう。。

ここ最近タイ行き以外にもあっちにこっちにどたばたしてたから疲れがでたのかな。
そういえばタイ行きの話が持ち上がってから、お盆もあったし全然ゆっくりできる時間がなかったな。
今週も予定全部つまってるし。

だるくて彼に会いたくないわけじゃない。
うん、会いたいな。
これは間違いない。

でも、会っていちゃいちゃしあうよりは、彼の中で眠りたい。
ぎゅーってよりは優しく抱きしめてほしい。

あぁ、休養が必要だ。

でも出発までのんびりしてる間はないんだよなぁ。

時間がほしい。
[PR]
by hananap | 2004-08-18 14:27 | 恋愛



付き合い始めからのんびりブログを始めてもう4年半。ゴールが見えてきたようです。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ビックカメラ
from ビックカメラのサイト(ビック..
ロレックスのサイトを立ち..
from ロレックス得する@研究会
無料 占い 姓 名 判断..
from 無料 占い 姓 名 判断 生..
友達と遊ぶと言って、よく..
from 浮気調査1分間チェック
浮気の見破り方
from 浮気の見破り方について
渡辺美里 eyes♪
from 田舎暮らしは最高!!
過労で大変なのに仕事で上..
from 仕事・リラックス・ストレス解..
子供達がクリスマスソング..
from アメリカ留学中!フロリダ ゲ..
スキンシップ
from 出会いをください
曼荼羅石鹸房って何や?
from 曼荼羅石鹸房/mandala..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧